2024.01.31

ウッドロングエコ

木を外壁材として使うときにいろいろな仕上げ方があります。無塗装のまま使う事も出来ますし、オスモやプラネットカラーなどの自然塗料を使って塗装仕上げにすることもあったり、杉板を焼いて表面を炭素化した焼杉などさまざまな雰囲気で仕上げてあげることができます。

どの仕上げ方でも本物の素材を使った仕上げは非常に高い質感をと雰囲気をだしてくれて、サイディングの家などとは一線を画します。

その中でも、今日は屋外に使う木材へ塗る防護保持剤である「ウッドロングエコ」をご紹介したいと思います。

WoodLong-Eco(ウッドロングエコ)は粉末製品で、水で溶いたウッドロングエコ水溶液を木材に塗布する事で、木の表面や断面から腐朽菌を入りにくくする表面処理用の水性木材防護保持剤です。

原料は酸化鉄・樹皮・ハーブなどの天然成分を使用しており体にも自然にも優しい材料となっています。また、塗りなおしも不要で経済性も良い材料となっています。ウッドロングエコは着色塗料ではありませんので、成分がながれないという意味で塗りなおし不要であって、色合いなどは木材の特色でもあるシルバーグレーへと変化していきます。

木の成分がウッドロングエコの成分と反応して色合いが変化します。樹種や産地などによって色合いが変わってくるのも味わいが出る特徴です。

こちらは以前、新潟の方へ視察でお伺いさせてもらったすてきのお宅の写真です。

杉板をすのこのように常に乾きやすい状態するため、このように少し間を空けて貼る「ファサードラタン」と言う施工方法でした。雨がかりや方位によって色合いが違いますが、最終的にはシルバーグレーになってきます。

本物を使い、本物を創る。日本も昔の家は当然、新建材などを使った家づくりではなく「木」「石」「漆喰」など本物の素材で家が作られてきました。

耐震性や断熱性などの性能面では見直しが必要だと思いますが、素材本来のありのままの建材にこだわって家づくりをしていきたいと思っています。

ありのままの素材は、使い込むほどに味わいが増します。

本物を使うから、価値が続き住まい手の愛着につながる。長く愛され住み継がれる家であるために本物の素材を使った家をご提案していきます。

CONTACT